ネイティブイングリッシュ 勉強方法

ネイティブイングリッシュの勉強方法をチェック!

ネイティブイングリッシュの購入を考えている時、気になるのがネイティブイングリッシュの勉強方法です。

 

 

聞き流すだけでいいの?自分にあっているか心配!ネイティブイングリッシュの具体的な勉強方法について確認してみましょう。

 

 

基本的には聞き流し教材

ネイティブイングリッシュは基本的には聞き流し教材なので、CDを聞くだけで英会話の学習ができます。テキストも補助的に付属していますが、メインは22枚もあるCDですね。

 

 

 

 

CDを聞いて耳から英語を学べるので、通勤や通学などの移動中や隙間時間に気軽に英会話の勉強ができて、続けやすいですね。

 

 

CDの具体的な内容は?

全22枚のCDの内容は大きく4つに分けられます。

  • Listening
  • Speaking
  • 英語(ナチュラルスピード)
  • ニュアンス解説

 

英会話の教材なので、リスニングだけでなくスピーキングの勉強になるCDもついています。

 

 

これらのCDはそれぞれ、Day1、Day2など日にちで内容が区切られていてわかりやすくなっているんです。学習計画も立てやすいですね。

 

 

 

 

ネイティブイングリッシュではDay168まであります。もし、1日1Dayこなして勉強するのであれば、168日で学習を終えることができますね。もっと早く終わらさせたい方は、1日2Dayずつ勉強するのも良いでしょう。ペースについては、自分にあった勉強法として考えてみるのも良いと思います。

 

 

Dayの具体的な内容は?

リスニングCDは英語のフレーズのあとに日本語で、スピーキングCDは日本語のあとに英語のフレーズが聞けるので、テキストがなくても音声だけで学習することができます。

 

 

Dayの内容は日にちごとに異なります。

 

 

Day1〜Day2 基本的なあいさつと返答

 

Day3〜Day4 久しぶりのあいさつ

 

Day5〜Day6 天気

 

Day7 新聞

 

Day8〜Day9 初対面のあいさつ

 

Day10 自己紹介

 

 

このような内容が続きます。最初の方なので特に基本的な内容が多いですが、あとになるほど難しい内容になります。例えば・・・

 

 

Day82〜Day83 レストランの会計

 

Day101〜Day102 タクシーに乗る英会話

 

Day129〜Day130 両替するときの英会話

 

などなど。

 

 

ちなみにネイティブイングリッシュ ビジネスの内容についてもいくつかチェックしてみましょう。

 

 

 

 

Day2 電話でアポイントを取る

 

Day12 英語で面接 挨拶と自己紹介

 

Day22 会議で提案する

 

 

このようにビジネスに特化した内容になっています。ビジネスマンでなくても、ネイティブイングリッシュが終わったあとに、ネイティブイングリッシュ ビジネスにも是非挑戦してみると良いでしょう。

 

 

 

ネイティブイングリッシュの最安値はココだけ!中古では損? topへ戻る