ネイティブイングリッシュとは

ネイティブイングリッシュとは?

なんとなくネイティブイングリッシュという名詞がありそうな気がしますが、あるのは英会話の教材としてだけで英語の名詞としては実はありません。もしかしたらネイティブやネイティブスピーカーなどと混同している場合もあるかもしれません。強いて言うなら、native(その土地固有の)とEnglish(英語)に分けて、その土地固有の英語でしょうか。

 

 

 

 

いずれにしろ、やはりネイティブイングリッシュとは?と考えると英会話の教材というのが妥当ですね。

 

 

では、ネイティブイングリッシュはどのような教材なのでしょうか?

 

 

ネイティブイングリッシュの教材は?

英会話の教材としてはかなり有名なもので、実際ヤフーショッピングや楽天などでもランキング一位を獲得しています。

 

 

英会話に特化していて、聞き流し学習がメインなのでほとんどがCDの教材です。CD22枚にサポート的にテキストが2冊。かなりのボリュームがあることがわかりますね。

 

 

CDの内容も2段階スピードや、シャドーイングなどを取り入れて学習効率を上げ、他の英語教材と差別化を図っています。

 

 

 

 

他にもネイティブイングリッシュの特徴として、サポートが手厚いことがあげられます。具体的には、60日間ネイティブイングリッシュの本物そのままをお試しすることができるサービス、60日間全額返金保証。

 

 

さらに、2年間、個別のバイリンガルの担当がつきメールで英語に関する質問ができるサポートもあります。理解できないところを直接聞けるので、とても効率良く学習できますね。学生のころも、先生に質問することはわかりやすかったのではないでしょうか?メールですが、2年間も質問することができるわけです。

 

 

ネイティブイングリッシュは効率良く英会話を勉強しながら、しっかりしたサポートがあることがわかります。

 

 

ネイティブイングリッシュの監修は?

ネイティブイングリッシュの監修に携わっている方々も豪華です。

 

 

元NHKラジオ基礎英語3の講師であり、大学教授、言語学者の阿部一さん、関西外国語大学留学、英会話学校や教育委員会に勤務していたジョンソン・リードさん、サウスカロライナ大学卒、外国語指導助手のクリスチャン・トレイラさん。

 

 

実績があり信頼できる方々が、ネイティブイングリッシュを監修されています。

 

 

まとめ

ネイティブイングリッシュとは?

 

英語の名詞としてはなく、有名な英会話の教材の一つ。気になる方はネイティブイングリッシュの公式サイトをチェックしてみると良いでしょう。

 

 

 

ネイティブイングリッシュの最安値はココだけ!中古では損? topへ戻る