ネイティブイングリッシュ

ネイティブイングリッシュと英会話教室を比較してみた!

英会話教材の中でも人気も実績も高いネイティブイングリッシュ

 

 

英会話を勉強するために、ネイティブイングリッシュを購入しようかそれとも英会話教室に通おうか迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

 

 

そこで、ネイティブイングリッシュと英会話教室を比較してみました。それぞれどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

 

ネイティブイングリッシュVS英会話教室

値段

まずは気になる値段を比較してみましょう。

 

 

ネイティブイングリッシュは買い切り固定で29800円です。

 

 

英会話教室は教室やスタイルで変化するため、大手英会話教室の代表的な内容を見てみましょう。

 

イーオン 8名前後のグループレッスンで1レッスン(50分)2500円

 

1人のマンツーマンレッスンで1レッスン(40分)7800円

NOVA 4名のグループレッスンで4レッスン(40分)10000円

 

1人のマンツーマンレッスンで4レッスン(40分)20000円

ECC外語学院 8名前後のグループレッスンで1レッスン(45分)3200円

 

4名のグループレッスンで1レッスン(40分)3200円

 

1人のマンツーマンレッスンで1レッスン(80分)16740円

 

人数が多いグループレッスンでは1回あたりの値段は控えめですが、やはり1対1のマンツーマンレッスンになると実は1回でもかなり高額になるのがわかります。

 

 

勉強方法

ネイティブイングリッシュはテキストもありますが、基本的にはCDの教材で聞くことで勉強ができます。そのため、通勤中や通学中の時間でも効率的に英会話の勉強が可能になります。

 

 

 

 

英会話教室は学校や塾の授業と同じで、教室に通っての勉強になりますね。人数が多いレッスンは学校での授業をイメージして貰うとわかりやすいですが、マンツーマンレッスンでは家庭教師のようなイメージでしょうか。

 

 

内容

ネイティブイングリッシュは全22枚のCDに、日常会話からビジネス英語まで、特に使われやすいフレーズを厳選しています。そのため即戦力になりやすい内容になっています。比較的初心者から中級者向けの内容になっています。

 

 

 

 

英会話教室では、それぞれ自分にあった内容のレベルを選べ、内容も教師次第であることもありますが、教室次第でレベルにあった教材が用意されていることも多いです。

 

 

 

ネイティブイングリッシュのメリットとデメリット

 

メリット ・CDの教材のため、好きなときに好きな場所で勉強できる

 

・買い切りのため、ランニングコストはかからずずっと勉強できる、結果的には英会話教室より安い

 

・特典として60日間お試しや、2年間のメールサポートで英語に関する質問ができる

デメリット ・生で対話ができる英会話教室より実践性が低い

 

 

英会話教室のメリットとデメリット

 

メリット ・教師と面と向かって英会話ができるため、実践性が高い
デメリット ・数回程度で英会話の上達は難しく、基本的には繰り返し通うので値段は高くなる

 

・通学するための時間や交通費がかかる

 

 

まとめ

ネイティブイングリッシュも英会話教室も、英会話の勉強ですがそれぞれメリットとデメリットがあることがわかります。やはり、英会話教室の最大のデメリットは費用でしょうか。通えば通うほどランニングコストがかかってしまいます。

 

 

 

 

ネイティブイングリッシュには、公式サイトからの購入であれば60日間お試しができるため、まずは先に試してみるのも良いですね。